人気スマホアプリ カロミルとあすけん

ダイエット記録
スポンサーリンク

スマホの食事管理アプリで有名なのが、カロミルとあすけん。ちなみに私はカロミルの方を使用しています。今回はこの2つを比較しつつなぜカロミルに落ち着いたのかもお話していきたいと思います。

食事管理アプリ あすけんの特徴

あすけんは、一番利用者が多い食事管理アプリ。現在の登録者数は現時点で260万人。カラフルで分かりやすいところが女性に受けているようです。

食事を記録するだけで栄養士が食事のアドバイスをしてくれます。かなり本格的な分析で80点以上とるのはなかなか難しいです。これが精神的苦痛でやめた人もいるようですが(^^;

登録されている食材数が多いというのが特徴で、コンビニメニューなども不足なく登録されています。複数の食材をまとめて入力することもできるので時間がない時などにも便利です。

食事管理アプリ あすけんのデメリット

私があすけんを使用しなかった理由について少しまとめてみました。

目標設定が41.6kgまでしかできない

これで困る人はあまりいないかもしれませんが、私の場合身長も低く、持病から40kgまで落としたかったので
この点はかなり不便でした。せめて41kgまで可能だと良かったのですが。

オリジナル商品を登録できない(有料なら可)

あすけんは商品の登録数が多いのですが、それでも検索で出てこなかった食材についてはこちらで登録できないようになっています。

なので「冷蔵庫の残りもの炒め」など自分で適当に作った料理は登録できないのです。「似たようなメニューを選んでください」ということですが、ちょっと厳しいかなと思いました。どちらかというと自炊よりコンビニや外食を利用する人向けかなと。

食べた量を変えることができない(有料なら可)

例えばアイスを半分だけ食べた場合、その食材の半分量を入力することができません。また、鶏ささみは1本のカロリーで出るのですが、お店によって重さがバラバラなのでちょっと使いにくかったです。

1日の目標栄養素をカスタムできない

あすけんは1日に必要な栄養素を手入力することができません。カロリーについては目標体重を変えれば変更できるのですが、三大栄養素については自動的に決められています。私は今筋トレをしていてたんぱく質を多めに取りたいのですが、その設定ができないので不便でした。

食事の画像解析ができない(有料なら可)

これについてはほとんど使用しなかったのでそれほど影響はないですが、不便な人もいるかなと思い書かせてもらいました(^^;

栄養素(PFC)や運動量の推移がチェックできない(有料なら可)

毎日の摂取栄養素や運動量をグラフで見ることで今後の目標なども立てやすいのですが、あすけんではこれができませんでした。

有料版でないとほとんど使えない

デメリットをまとめてみて気づいた方もいらっしゃると思いますが、あすけんは有料版じゃないとあまり意味がありません。料金は、月々300円。1回支払えばいいというものではなく毎月ってのもちょっと痛いですね。年間で3,600円。3年使用すると10,800円。。。。

私がカロミルに決めた理由

カロミルの一番いいところは、なんといっても自分で食材をカスタムできるところ。

毎日同じような食事で少し恥ずかしいんですが、左のニラ、真ん中のライスとねぎ、みぎのもやしとしいたけとにんじんの量を変えています。1食でにんじん1本食べ切るなんてことはほとんどないですからね。助かります。

栄養バランスをグラフで表した画像です。体重隠してしまって申し訳ないです(汗)左が1日全体のグラフ。まだお昼ごはんまでしか食べていないので小さくなっています。真ん中は、お昼ごはんのグラフ。若干糖質オーバーですね。ごはんの量が多かったかな(汗)

右は1週間で帳尻合わせコーナー(笑)1日ドカ食いしてしまってもここでチェックすればそのあとの帳尻が合わせやすくなります。

1日の摂取カロリー等は具体的な数字で見ることも可能です。左が1日全体の摂取カロリーで右は朝食のみ。3大栄養素と塩分がどれだけ不足しているのか、場合によってはオーバーしているのか確認することができます。この日は夕食を食べる前に疲れて寝てしまったので全体的な摂取カロリーが少なくなってしまいました(汗)

メニューの登録は、検索窓から行います。ささみで検索するといくつか出てきます。あ、関係ないですがささみは同じ重さでも茹でと生でカロリーが違うのでご注意ください(^^;真ん中はささみのフライ。「どの程度食べましたか?」のところで量を調整します。

右はマイメニュー作成画面。ここで自分がよく作るメニューや近所のスーパーにしか置いてないお菓子などを登録しておくと便利です。

カロリー摂取量の推移、体重体脂肪の推移、運動、栄養成分の推移など全10種の変化グラフを確認できます。右は運動登録画面。ここは、カロミルで一番使いにくいところだといわれています。

ウォーキングに関してはヘルスケアのアプリと連携できるのですが、それ以外の運動は種類が少ないです。今後増えてくれればいいのですが。食事のメニュー登録と同じように手入力も可能です。

運動登録の他には、ビタミン、鉄分、カルシウムがチェックできないというのもデメリットの一つかなと思います。

まとめ

色々書きましたが、カロミルはあすけんと違って自分で好きなようにカスタムできる点が一番大きいと思います。細かい作業が好きな私にとってはカロミルの方が使いやすいです。あと、これが全部無料でできるところも。

やはり合うあわないもあると思うので皆さんも一度試してみるのがいいと思います。こちらで紹介したカロミルのご紹介も参考になれば嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました