糖質制限にはどんなデメリットがある? 体調編

からだのこと
スポンサーリンク

糖質制限は一般に痩せやすいといわれていますが、逆にデメリットもあるといわれています。実際にどんなデメリットがあるのか、自分の経験と合わせてご紹介していきます。(今回は体調についてのみ書いていきます。)

糖質制限のデメリットまとめ

糖質制限をすることで生じるデメリット(弊害・副作用)についてよく言われるものを書き出してみます。

口臭、体臭がきつくなる
・寿命が短くなる
・痛風になる
・良い睡眠がとれない
・常に眠気が襲う
・夜眠れなくなる
・抜け毛が増える
・集中力、思考力、判断力が落ちぼーっとすることが増える
・脳梗塞になりやすい
・動脈硬化になりやすい
・便秘になる
・肌荒れが起きる
・吐き気がする
・貧血になる
・冷え性が悪化する
・貧血になりやすくなる
・疲労感が出やすい
・頭痛が起きる
・めまいが起きたりふらつくことが増える
・体がむくむ
・ボケやすい
・骨が弱くなる
・うつ病になる
・老化が進む
・イライラする
・蕁麻疹がでる

私の周りでは上記のような話を聞いたことがあります。まとめてみると結構多いですね(^^;一つ一つ検証すると長くなってしまうので、今回は私の場合はどうだったのかについてお話ししたいと思います。

※上記の項目については、またほかの記事で検証できたらなと思っています。

糖質(炭水化物)制限で実際に起きたデメリット

今、私は糖質1日100gの緩い制限を行っていますが、一時的に60gまで下げていたころがありました。白ごはんでいうと朝・昼・夜それぞれ50g分ですね。

その時に感じたデメリットは肌の老化とふらつきでした。肌の老化というと少し大げさですが、なんとなく肌がくすんで見えたというか・・・。正直根拠はありませんが鏡を見るたびにそんな気がしていました。

ただ、この時体重もかなり落ちていたので頬がこけたことも影響していたのかもしれません。人によりますが、痩せると老けて見られることがありますからね(^^;

あとはふらつくときがときどきありました。日常生活には影響はありませんでしたが、スポーツクラブのスタジオレッスンはちょっと大変でした。

そのころはまだ減量途中で炭水化物を増やしたくなかったので、ミネラルやアミノ酸を含んだ水を摂って対応していました。ミネラルウォーターを飲むようになってからはふらつくこともなくなったので効果はあったと思います。

上に書いた糖質制限のデメリットを見てみると、糖質制限というよりは、ダイエットによるストレスが理由なんじゃないかなというのもありますね。口臭や体臭については自分ではわからないので何とも言えませんが。

個人差もありますが、実際に糖質制限を始めてみて何か体に異常があったらいったんやめてみるのもいいかもしれません。糖質制限以外のダイエット法を実行して比較してみると何が原因なのか分かりやすいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました